Menu

最近の浦和の注文住宅の建設事情

浦和での注文住宅の建設事情は、インターネットを利用したものと、個別に工務店に依頼するものに分かれます。インターネットを利用したものでは、一括して複数の会社にプランや計画の依頼ができるサイトに人気が集まっています。しかし、インターネットでの検索は大手の会社に偏りがちです。地元の工務店も、根強い人気を保っています。地元工務店の多くは、大手の会社が登録している一括依頼のサイトには登録されていません。その代わり、独自に自社のサイトを持って、消費者に直接アピールしています。元々、地元工務店の技術力は高く、十分な品質の住宅を提供できる土壌がありました。最近は、新たな提案やマーケティングにより顧客の獲得を目指す動きも目立っています。地域の特性を生かした住宅を建てることのできる工務店の人気は衰えません。

一括依頼サイトに強みを持つ大手

浦和の注文住宅の建設事情は、大手によるインターネットを利用した営業活動が活発化しています。一括依頼サイトでは、主な住宅メーカーが登録し、顧客からの依頼に複数の会社が回答を寄せる仕組みができています。回答の中身は、おすすめのプラン、資金計画、土地の提案などです。価格の提示は始めの段階ではされないことが多く、計画案だけの提示となっています。一括依頼サイトに登録している会社は主に大手です。ところどころに、地元工務店や設計事務所の登録も見られますが。ほとんどが大手で占められている点が特徴です。その背景には、サイト運営者の厳格な基準をクリアする必要があることが挙げられ、大手に有利なサイトが設計されています。小規模な工務店やアトリエ派の設計事務所は登録から外されているので、一つのサイトだけから業者を選ぶのは危険です。

個別のサイトで顧客にアピールする地元

浦和の注文住宅の建設事情は、地元の工務店や設計事務所が独自のサイトにより、存在をアピールしています。まだ、一括してそれらを比較できるサイトは少ないものの、自社のサイトの充実ぶりは目を見張ります。規模の小さな工務店においても自社のサイトを作成し、経営理念や施工事例を掲載しているので、利用者にとっては参考になる構成となっています。大手の会社が中心となる一括依頼サイトでは、無料で計画が提示されるので、会社側にとってはそのための人員を配置しておくのに費用が発生します。大手でなければこの負担には耐えられない部分があります。一括依頼サイトにより提出された計画案は、その通りに建てた場合は高額になる恐れがあります。金額を提示しての提案ができない以上、利用者が業者を特定するのは難しそうです。