Menu

注文住宅を浦和で建てる時に必要なこと

注文住宅を浦和で建てる時に必要となるのはイメージと資金です。イメージは住宅を求める明確なイメージです。イメージは自分の中に明確に持っていることも必要ですが、家族との共有も必要です。漠然としたものでも、家族と共有するイメージがあれば、実現への道が開けます。自己資金で全て賄うことができれば問題はありません。しかし、ほとんどの人が住宅ローンを使って家を建てます。住宅ローンは金融機関への申し込みが必要で、審査もあります。審査で合格して始めて、実際の購入が可能となります。住宅ローンの難しさは、貸すかどうかの権限を金融機関が持っていることです。金融機関の審査に通るまでは、あらゆる作業で深入りすることはできません。家を建てる作業は、個人にとっては大きな事業です。事業には資金が必要で、住宅ローンはその原資となります。始めの段階では、明確なイメージを持つことと、住宅ローンの目途を付けることの二つができれば十分です。

依頼する業者を決めるのに必要な、正しい価値観

注文住宅を浦和で建てる時、多くの人が失敗する原因は、会社の知名度や規模により、依頼先を決めることです。住宅には瑕疵担保保証が付いていますが、その期間は10年程です。どんなに大きな会社でも、保証してくれるのは建築後10年程です。ところが、住宅に様々な不具合が現れるのが、10年を経過して以降のことです。多くに消費者は、大手の会社に依頼すれば大丈夫だろうと安心します。しかし、大手の会社の目的は、単に、利益をあげることです。性能は、他社と同等であれば、問題が起きても責任を問われることがありません。大手の会社は高い技術力を持っていますが、高い技術力の大半は、材料の節約に使われます。いかに細い材料で、必要な性能を得るかに研究資源のほとんどが費やされます。そのため、高い技術力が消費者のために使われることは、ほとんどありません。

地元密着型企業の実力と正しい評価

注文住宅を浦和で建てる時、地元の工務店に依頼する方法があります。住宅は土地と地域に密着したものなので、地元の工務店を依頼先として選ぶのは間違いではありません。経営規模に心配がある時は、工事の完成保証を付けてもらえば安心できます。工務店の姿勢は、良い物づくりをすることです。必ずしも利益第一主義ではないことが、大手の住宅会社と異なる点です。工務店は主に、木造軸踏み工法を用いて住宅を建てます。木材を柱として繊維方向に使い、建物の荷重を支えることは合理的な選択です。日本人は昔からこの合理性に気づき、伝統的な建築物に用いてきました。奈良や京都の伝統建築の中には、建築後、千年を越える寿命を持つものもあります。注文住宅を浦和で建てる場合は、二つの選択肢があります。大手住宅メーカーに依頼する方法と、地元の工務店に依頼する方法です。どちらを選ぶかで、末代まで長持ちする住宅を手にすることができるかどうかが決まります。